本文へスキップ

おちゃっこLAB Since 2002
おちゃっこLAB化け猫編バージョン2 Since 2013/12/21

Mac日記


前書き

化け猫おちゃっこのMacの日記です。
プログラマ寄りの日記になると思います。
勉強したこととか、スクリーンショットとかのページにします。

新しい記事の方が上に来るように書いていきます。



SceneKitとOpenRDBでエクスポートしたdaeでARのテスト[2019/01/02]


あけましておめでとうござます。
いろいろやっていこうということで、久しぶりにMacとiPhoneでプログラミングをしてみました。

そのときに分かったことのメモを残します。

◯OpneRDB(Windows用のオープンソース)でエクスポートしたdaeファイルは
 SceneKitで読み込むことが出来た。

◯swiftでdaeを使ったARのプログラミングが出来た。

◯ARはエミュでは動かなかった、実機が必要。

◯証明書を持っているのにも関わらずキーチェインのエラーが出たら、
 キーチェインアプリでロックとアンロックをしてから再試行するとうまくいった。

◯xcrunのエラーが出た場合には次の3つのコマンドをシェルから実行したらうまくいった。
 xcode-select --install
 xcode-select --switch /Applications/Xcode.app
 xcode-select --switch /Library/Developer/CommandLineTools

◯OpenRDBでエクスポートしたdaeはそのままではテクスチャのマッピングモード?がおかしいことがあった。
 次のコマンドでオプティマイズするとうまくいった。
 /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/copySceneKitAssets ./ -o ./optimized

◯XCodeのEditorメニューの中にdaeをscnファイルにコンバートするためのメニューがあった。

◯ARでdaeやscnのモデルを表示するときに、モデルがカメラの位置についてこないようにするためには、
 (カメラを動かしたときにモデルの横や後ろがみえるようにするためには)
 プログラムでノードを作成してそこにカメラとモデルをaddしたらうまくいった。

◯OpenRDBはメタセコイアのmqoファイルを読み込めますがver3にしか対応していなかったかもしれません。
 OpenRDBはオープンソース(おちゃっこLABに置いてあります)なので、
 ソースをいじってバージョンチェック部分をスキップするだけで
 ver4のファイルも読み込めるかもしれません。(うまくいくかも)


iPhoneのARについて、今のところソース全部をアップする予定はありませんが
上記のように何かしらメモを残そうと思います。


追記:
注意点追加。
daeはart.scnassetsに入れる必要があって、オプションはプロジェクトパスにする。


ついでに過去の大変な事態を踏まえつつちょっとおもいついちゃったやること候補リストの写真を
貼り付けておく。ちなみにちょっと思いついちゃっただけです。





追記:2019/01/03
リアルとARの区別の強制をするってのは
全ジェネレーションの邪魔になる説が勃発

そういうものなんだってさ。
もともと世界には幻がいて
ぼくたちが幻を開発できる順番が回ってきたっていうことらしい?

上の写真の「リアルと区別が出来ること」ってのは強制するものではありませんのでー。



MacのgamekitでMayaのColladaファイルが読み込めた話[2018/02/24]


Macにはgamekitのプロジェクト作成機能があります。
gamekitはColladaつまりdaeファイルを読み込むことが可能です。

gamekitで読み込めるdaeファイルをMayaで出力するには
COLLADAMayaというOpenCollada製のプラグインを利用します。

この日記を書いている現在、COLLADAMayaのプラグインはMaya2017までのものしかなかったです。
しかし、COLLADAMayaはオープンソースです。
ちょっといじったらMaya2018で動くものがビルドできました。

いつものキャラクターをdaeで出力してgamekitで読み込ませ、アニメーション再生しているときのスクリーンショットを載せます。



これ、ほとんどモデルの名前を指定して読み込むソースを足しただけとも言えます。
最近のライブラリは便利なものです。

gamekitには物理機能もあります。
(bullet physicsと組み合わせることも可能だと思われます)
今後どう展開していくか考えていきます。

あ、そうだ!
MacのgamekitでOpenRDBのdaeファイルを読み込むこともできました。
(OpenRDBのdaeはMayaで読み込むと形が崩れました)

Maya2018 + Macのgamekitで
何か作りたいです。

MacでRokDeBone3を作ろうか!?とかも考えたんですけれど(笑)
新しいことをやるのが流れみたいだし
Maya + Macでやってみましょうか!?












店舗イメージ